採用情報

社員インタビュー

採用情報 > 社員インタビュー > 社員の幸福度が高い企業を目標に

社員の幸福度が高い企業を目標に

執行役員/CFO/管理本部長 内田 則崇

社員の幸福度が高い企業を目標に

■ プロフィール

大学在学中に病気により入院をきっかけに留年し就職氷河期でもあったため、内定取り消し後、20代はバックパッカーとして世界中を旅し、30代以降は、スタートアップ企業にてIPO準備、上場企業では、投資会社にて、ハンズオン投資を成功させるため、様々な会社へ役員として派遣され投資先の企業価値を向上させIPO,エグジット等の実行に携わりました。

ー 現在の業務についてお聞かせください。

管理本部全体を管掌していまして、経理財務出身なのでそちらをメインに総務・人事・法務・IRを担当しております。日々の業務としては、経理財務では、有価証券報告書作成・予実作成管理・資金繰りなど、人事では採用・給与確認、総務は契約書の確認、IRではリリース立案・原稿チェック等を担当しております。
それ以外で今現在取り込んでいることとしましては、新しい働き方の導入、業務フロー・人事制度などの再構築など新しい仕組みを導入し、業務フローの改善と生産性の向上をさせていただきたいなと思っています。

ー ワイヤレスゲートに入社した際の動機や経緯について、お聞かせください。

CFO候補として、東証一部企業にて働けることにとてもやりがいを感じました。また上場企業でありながらスタートアップ企業のような土壌があり、業務フローなど組織を変えていく余地があること、今まで培ってきた経験をもとに管理部門などを再構築することで自身も会社としても、より一段と高いステージへ変革できる可能性に惹かれて入社しました。
入社後もそこにギャップはなかったです。逆に裁量のボリュームが広くて驚きました。笑

ー 仕事をしていて、難しいと感じる点や、やりがいのある点などはありますか?

ひとりひとりがより良く働けるように、現状の制度を見直し、改善案を考え実施するまでこぎつけること、結果社員のワークバランスの向上につながり、喜んでくれることが幸せであり達成感を感じます。
会社の潤滑油的な存在となって、風通しの良い雰囲気作りが出来るように努めています。
ひとりひとりの裁量が広い、風通しの良い社風が魅力なので、制度化を進めながらも自由な雰囲気が損なわれないようにバランスをとっていければと思っています。

ー 実際に、携わられている内容について詳しくお聞きできますか?

直近で言うと経費精算システムを導入し、導入効果も実感しています。元々、オリンピックのためにテレワークの導入準備をしていたこともあり、DropboxやMicrosoft teamsなどデータ共有・情報共有のツールの導入も積極的に取り組んでいます。
他にもMoneyforwardの請求書を検討したり、システム上で出来る改善を今まさに試しているところです。また、人事評価制度についても、分かりやすい指標を設けて、今以上に能力と責任に合った評価がされる制度を作っていきたいと思っています。

ー 採用応募者の方に向けて、採用希望者に向けての御社の紹介やメッセージをお願いいたします。

弊社は、社員の幸福度が高くなればなるほど、より事業の発展にも繋がるという考えのもと、全額会社負担による人間ドックの実施、フレックスタイム制度、在宅勤務制度、シェアオフィス の導入などをしております。 これからも今まで以上にワークライフバランスの充実を目指し、日々変化していきます。管理系の方には保守的な方も多いのでチャレンジングな人を求めています。
管理部門でも新しいことをどんどんやっていこうと思っているので、
今までやったことしかやりたくないという人ではなく、世の中にアンテナを貼って、管理部門に役立つようなリソースをみつける気概のある人と一緒に働ければなと思っています。
また、自由闊達な社風で、自分次第で様々なことにチャレンジ出来るので、今までに以上に幸せを感じられる会社を一緒に作っていきましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加